SURRENDER

~幻想から本当の自分に持ちかえて形にする~

WHO AM I = 価値

ある日Amazonの商品が届いたとき、

いつもの配送会社ではなくて、初めての人が届けてくれた。

だから私が想像していた人とは、明らかに違う雰囲気で驚いた。


あとで分かったことだけど、いつも来る人たちは、自分の価値をアピールしてる感じで、

その日に来た人は、自分で自分の価値を認めて満たされている人だった。

そういう印象だった。

 

価値ってそもそも何なんだろう?

 

私が分かっているのは、周囲と比較したものではないもの。

希少性でも、特別な条件を持ってるとかでもない。

誰でも、何をしていてもしていなくても、揺るがないであるはずのもの。

自分が何者かということだけで存在するもの。

 

でも私は本当の意味で分かっていないかもしれない。

自分のどこに価値があるのか探しているから。

探しているうちは”自分には価値がない”という考えのところにいるはず。でしょ?

 

いつも来ている人たちはというと、

提供するサービスのクオリティーとか、人当たりや印象の良さ、

人によっては、自身の顔とか、男性としてどのくらい魅力があるかをアピールしていたりする。

自信あると言われる人の中には、ほら自分には価値があるでしょ?ってアピールする人もいるから。


それは、カスタマーである私が判断することっていう前提がある感じだった。
それ以外のことだと、困ったりもするし不快になったりも...


自分にも思い当たる節があるのは、

焦っているときとか、プレッシャーを感じているとき。あと、自分のしたいことが分からないときも。

そういうときって、自分以外の基準に合わせようと必死になるし不安。

気持ちは、余裕がなくて満たされていない感じがしてる。

そして自分を消耗する感じで生きてるし、誰かや何かや過去のせいに感じてるし、

頑張っても欠乏感がなくならなかったり、ずっと余裕が得られなかったりする。


でも誰にもあることだと思う。これって波のようにやってきません?

 

 

その”自分の価値を自分で認めて満たされている”配達員さんに会ったときに感じたのは、

自分を責めていないってこと。

あとは、何のアピールもしていないこと!


正直これにびっくりしたの。こんな人もいるんだ!ってことが新鮮だった。

価値って、アピールして相手に認めてもらうことで得られるって方程式だと思ってたから。

どうやら、その方程式は違うらしいってことがはっきりした。

 

その人は、マスク越しでも顔立ちがステキで雰囲気もいい方だったけど、

外見で満たされてるわけでもなく、むしろ自覚されてないような感じ。

サービスがカスタマーに受け入れられるか心配してもなかったし、

仕事へのプライドも、良い意味でも悪い意味でも強いこだわりがなくて、

しっかりと荷物を届けることだけに焦点が合ってる人だった。

商品を手に取ったときに嬉しくなったのも、しっかり届けてくれたと感じられたからだと思う。

 

そして私の気分も良くなった。自分らしくいていいって感じられたからだと思う。

何も押し付けられてる感じがしなかったし、攻撃されてる感じも、駆け引きする感じもなかった。

自分がフラットでいられた。

人と会ってるのに自分がフラットでいる!という発見にもなったしね。初めてだった。

つまり相手によって自分の態度を変えていた。
でも変えちゃうよね。そして人のせいにしちゃうという堂々巡りしちゃうよね。

 

 

一方は、自分の価値を外側に求めていて、”そのままの自分には価値がない”って前提なんだよね。


一方は、価値が条件に帰属してなくて、”価値は存在してること”って前提なの。

 

だから、比較も欠乏感も手放して満たされてるから、繋がりや貢献することにクリアなんだよね。

 


そういう人と接すると、こんなに心地よくて受け取るのが嬉しくなるなら、私もそう生きたいと思った。

フラットでいることは、気分だけじゃなくて、貢献できる質や量もまったく違ってくる。

不安で目の前を曇らせていない分、自分ができることを最大限に発揮できるからなのかも。

 

自分で自分の価値を認めることが、どうすることなのかがはっきり分かったわけじゃないけれど、
たぶん思った以上に、何かをすることではないはずだし、

誰かに証明しなくちゃとか、自分を何かの条件に合わせるために変えなきゃってことではないと分かった。

長い間、ずっと疑問に思っていたことがスッキリ。

納得しないままベクトルが変えられなかったけど、クリアな方向に変えられそう。


自分の価値は、”自分が何者であるか”ではっきりするんじゃないかな?

条件でも過去でもない、

 

WHO AM I

 

きっとこれだけ。シンプルだからこそ難しいのかも。

 

 

もし、もっと曖昧になったと感じた人は、きっと探していたところは違うんだと分かったということだと思う。

抵抗がある人は、自分の価値を認めたい想いが、人一倍強いってことだと思うし。

それでも自分に価値がないと思える人は、これまで価値を誰かに認めてほしかったのだと思う。

 

たとえどう感じたとしても、今のその自分を大切にしてください。

たとえ感じられなくても、価値がある存在であることは変わりないんだから。


こういう気づきを与えてくれた配達員さん ありがとう。